pagetop

福岡のお墓づくり、霊園案内、記念碑のことなら山野石材

三嶋様

立地に、石種に、デザインに。
一流の仕事人が建てたこだわりのお墓。

「夫婦とも元気なうちに、どちらも納得のいく終の棲家を建てたい」と考え、生前墓の購入を決めました。

福岡市立霊園は競争率が高いため、民間霊園も検討していましたが、交通面の利便性などを考慮して平尾霊園に応募することにしました。

というのも、お墓は世代をまたいで長い付き合いになるものですから、お墓参りの利便性はとても大事なポイントです。墓地が遠い場合は、お墓参りの足が遠のいてしまうこともあるでしょう。しかし平尾霊園なら自宅からも店(フランス菓子16区)からも、そして息子の家からも近いため、いつでも気軽に、家族でお墓参りに行くことができます。ですから当選した時は正直うれしかったですね。

 

 

お墓の建立にあたっては、いくつかの石材店を検討の末、県の技能職連合会でご一緒していた山野石材の山野社長に相談しました。山野石材はビルや公園、石碑など福岡の街づくりを中心に行っていらっしゃる印象でしたが、そうした高い技術を生かしてお墓づくりにも群を抜く実績を残していらっしゃるとのこと。

 

また、相談した翌日に担当の中野さんから連絡が入り、多忙な日々を送っている私としては“対応が迅速であること”そして“丁寧に話を聞いてくれるのに無駄がない点”が気に入り、山野石材にお願いすることに決めました。

 

墓石のデザインに関しては妻の意見を尊重しましたが、石の色に関しては私の意見で「お墓は長年付き合っていくものだから、時が経過しても色が変化しにくいほうが良いだろう」ということで、インド産の黒御影石を選びました。

 

さお石は角を少なくし滑らかにすることで、柔らかい優しい印象にし、加えて万が一ぶつかった場合も危険がないように配慮しました。踏み石は滑らないようにサンドブラストという加工をしてもらいましたが、草取りなどの必要もなく、掃除もとても楽ですね。

 

担当の中野さんは、知りたいと思うことをこちらが聞かなくても、前もってきちんと説明してくれ、打合せの際もその場でメリット、デメリットを分かりやすく教えてくれました。そのため説明のひとつひとつがきちんと納得でき、とてもやりやすかったです。

 

妻と二人で打ち合わせをしていただくことが多かったのですが、決まった内容を必ず私にも報告してくれましたので、スムーズにお墓づくりを進めることが出来ました。

完成したお墓を見て二人とも大満足!普通は「ここはこうすればよかった」という意見が出そうなものですが、全く不満がなく「山野さんにお願いして良かった」と二人とも心から実感しています。先日は息子夫婦と墓掃除に行きましたが、息子夫婦も「いいお墓だね」と喜んでいました。

福岡市立霊園を選ばれる皆さん、お墓は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。ぜひ納得のいく石材店を選んで、後悔のないお墓づくりをしていただきたいと思います。

 

 

 

株式会社ジュウロック 代表取締役社長

フランス菓子16区 オーナーシェフ

三嶋 隆夫 様

 

【プロフィール】

昭和19年生まれ。福岡市出身。大学卒業後帝国ホテルに入社し、菓子職人としての礎を築く。 結婚後は夫婦で渡欧 スイスのルツェルン、南仏ニース、フランスのパリと四年余にわたり菓子職人としての修業を重ねる。パリでは大女優のカトリーヌ・ドヌーブなどを顧客にもつフランス・パリの16区にある洋菓子店「アクトゥール」で日本人初のシェフに就任。1980年帰国し、翌年福岡市で「フランス菓子16区」をオープンする。お菓子「ダックワーズ」の考案者でもある。

お客様の声 一覧

全て見る

スタッフ

お問合せフォームからのお問合せ

資料請求

お問合せフォームからのお問合せ

お電話でお問い合わせ