pagetop

福岡のお墓づくり、霊園案内、記念碑のことなら山野石材

地域の歴史に残る記念碑の建立にも力を注いでいます①

創業100余年の歴史と実績を誇る山野石材は、これまで様々な記念碑の建立を行ってきました。

その中には地域の歴史を物語るものから、遠き歌人の思いを刻んだ万葉歌碑、

そしてお寺や地域のシンボルとなっているものも少なくありません。

 

そのひとつが御製碑。御製碑とは天皇陛下が詠まれた御製歌を刻んだ石碑のことで、

山野石材は過去にも御製碑の建設に携わり、地域を象徴するモニュメントになっています。

 

 

そして、今回、昨年10月に開催された「第37回全国豊かな海づくり大会 福岡大会」を記念して、

天皇陛下から賜った御製を刻んだ石碑を大会にゆかりが深い鐘崎漁港に建立することとなり、

建設・施工において、山野石材がお手伝いさせていただくことになりました。

完成した御製碑がこれ!

 

完成した御製碑
玄界灘を背景にたたずむ御製碑

記念碑の正面には

「くろあはびあさりの稚貝(ちがひ)手渡しぬ漁(すなど)る人の上思ひつつ」という

御製【天皇陛下が詠まれた短歌】が刻まれています。

 


 

去る3月24日には、御製碑をお披露目する除幕式が開催。

小川福岡県知事、谷井宗像市長、樋口県議会議長、県漁業協同組合連合会代表理事会長なども出席され、

地元・玄海高等学校邦学部による太鼓の披露や、

小学生による「豊かな海づくりメッセージの発表」なども行われ、盛大かつ賑やかな式典となりました。

 

玄海高等学校 邦楽部による太鼓の演奏。迫力たっぷりの太鼓のステージに参加者の皆さんから大きな拍手が贈られていました。

 

玄海小学校の児童たちは「未来に引き継いでいくために、森、川、海を守る活動を続けていきます」と力強く宣言。

 

イベントには福岡県のゆるキャラ「エコトン」も参加。

 

大会には知事や市長も参加。今回の御製碑の完成に対する祝辞が贈られました。

 


 

祝賀イベントのあとはいよいよメインイベントの除幕式!

知事や市長のほか代表の方々がテープを持ちグイッと引っ張ると…

御製碑がいよいよ皆さんの前にお披露目されました!

 

そして最後は皆さんで記念撮影。子供たちにとっても記念すべき一日となったようです。

 

この御製碑、石碑はもちろん、山野石材としてはもう一つ注目してほしいポイントがあります。

それは台座の張り石。

実はこの張り石のなかには

かわいらしいフグが隠れているんですよ!!

このフグを見つけたら、何かいいことがある…かも!?

御製碑をご見学の際はぜひ見つけてみてくださいね。

 

 

 

 

スタッフ

お問合せフォームからのお問合せ

資料請求

お問合せフォームからのお問合せ

お電話でお問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。