pagetop

福岡のお墓づくり、霊園案内、記念碑のことなら山野石材

地域の歴史に残る記念碑の建立にも力を注いでいます②

創業100余年の歴史と実績を誇る山野石材は、これまで様々な記念碑の建立を行っています。

その中には地域の歴史を刻んだものや、その土地ゆかりの歌人や作家の作品にちなんだものも数多くありますが、

今回はその中から、今年三月に誕生した

西鉄香椎駅前広場の「松本清張記念碑」をご紹介します!

 


 

北九州・小倉出身の文豪・松本清張氏の作品には、地元九州を舞台にしたものも数多くあります。

中でも福岡市を舞台にした作品として代表的なものが、

1957年に連載が始まり、清張氏の代表作とも言える名作「点と線」です。

 

当時の香椎海岸の様子や西鉄香椎駅なども登場し、香椎は松本清張氏のファンの間では一躍有名な場所となりました。

周辺住民にとっても名所のひとつとなり、駅前の桜を「取材に来た清張氏が見たに違いない」と、

“清張ゆかりの桜”と呼び、大切に保護してきました。

 

そしてこのたび、地域おこしの一環として「松本清張記念碑」の建立が決定。

この石碑の製作・施工・工事を山野石材が担当させていただきました(^▽^)/

 

 

前面には西鉄香椎駅と駅前の桜について、その由来や旧駅の歴史について刻まれています。

そして裏は

 

清張ゆかりの桜についての解説も――。

 


 

 

今年の3月24日にはこの松本清張氏ゆかりの桜にちなんだ「桜まつり」が行われ、

この記念碑の除幕式および近隣の公民館にて北九州市立松本清張記念館学芸員の方を招いたミニ講座も開催されました。

 

桜まつりチラシ

 

 

除幕式の様子

 

当日は桜も満開!

地元自治協議会の方々や地域の皆様が集まり、華々しくにぎやかな除幕式となりましたよ(^▽^)

 

 

記念碑は香椎駅の風景に溶け込んでいます。

 

西鉄香椎駅にお立ち寄りの際はぜひ見つけてくださいね(^▽^)

 

スタッフ

お問合せフォームからのお問合せ

資料請求

お問合せフォームからのお問合せ

お電話でお問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。